●画家名:内藤謙一

●作品名:南阿蘇・一心行の桜

●絵のサイズ: W74,5×H34,5cm

●額装サイズ:W93×H48,5cm

●絵画の技法:水彩画

●サイン:作家直筆サイン

内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた絵「南阿蘇・一心行の桜」は2015年に描かれた水彩画の絵画です。

熊本の南阿蘇にある一心行の桜は、樹齢400年、樹高14m、枝張東西21m、南北26m。幹囲7mの大桜です。

戦国時代、この南阿蘇は峯村(みねむら)と呼ばれていました。

この地に築城された鶴翼城(かくよくじょう)に住み、熊本県の三角にある矢崎城の城代を兼任していた伯耆守惟冬は、1580年(天正8年)に薩摩の島津氏との戦いで、矢崎城で戦火に散りました。

その妻子は主の死後、少数の家臣とひそかに故郷の峯村に戻り、戦いに散った城主と家臣たちの御霊を弔うために桜の苗木を植え、一心に行をおさめたというところから「一心行」の名がついたと語り継がれています。

なんだか胸がきゅんとなるお話です。

僕ら熊本県民は、毎年この一心行の桜の開花を楽しみにしています。

一心行の桜だけの開花予想が毎年テレビで流れるほどです。

春に熊本の阿蘇に来られる機会がありましたら、ぜひ一度ご覧になってください。

改めて、この内藤謙一さんの水彩画の絵画は一心行の桜の美しさを見事に描いています。

内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた絵「南阿蘇・一心行の桜」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

【作家名】内藤謙一 【作品名】南阿蘇・一心行の桜-水彩画

【作家名】内藤謙一 【作品名】南阿蘇・一心行の桜-水彩画

【作家名】内藤謙一 【作品名】南阿蘇・一心行の桜-水彩画

  • イベント 別府史之選手も「ツール・ド・東北」参戦 前夜祭で「皆と走れることを楽しみにしていた」 2016/09/17 22:00

  • 漆絵 上村松園の名作「化粧の図」
  • よみもの レーパンのパッドは鹿の皮だった! 素材に見るサイクルウェアの進化と歴史 2016/09/17 06:30

  • 掛け軸 四季花 (樫原誠一) (掛軸小物なし) 送料無料 【掛軸】
  • よみもの 夢に見たツール・ド・フランスの舞台 ニースではサガンに出会い応援してもらう奇跡 2016/09/16 11:30

  • モネ 絵画 名入れプレート付 ミュージアム シリーズ シグレー版画 散歩 周年記念品 プレゼント 父の日 退職記念 卒業記念

もっと見る

前大徳横井明堂筆 「無心帰大道」 肉筆紙本掛軸(共箱)【中古】【道】 宗sou

ドライバーや自転車に、シンプルに呼びかけたいことはありますか?
 「春の交通安全運動」が4月15日まで実施中です。今回の運動重点の1番には「自転車安全利用の推進」が挙げられました。 全国でさまざまな交通安全を啓発する活動が行…

続きを読む/投稿する

【作家名】内藤謙一 【作品名】南阿蘇・一心行の桜-水彩画

【作家名】内藤謙一 【作品名】南阿蘇・一心行の桜-水彩画

【作家名】内藤謙一 【作品名】南阿蘇・一心行の桜-水彩画

MMアート 淡墨桜(幻奏譜) 広森雄(本号/雄三)絵画 P10号

連載